=LINK ART=

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

喫茶店でのちょっとした光景☆

10:30に店にはいり、注文をとりにきたのは11:00を回ったあたり。しかし、僕の心はいたって平気で、むしろ、注文を取りに来る時間を有意義にさえ感じている。というのも、ちょっと前の出来事がそうさせてくれているのだ。
10:45を過ぎた辺りで痺れを切らして、一階の店員がいるところに、注文いいですかとききに行った。そしたら、70オーバーと思われるおじいさん店主が、無愛想に、ちょっと待ってといった。
既にちょっと以上待ってます!と思ったその時に、あることに気がついたのです。同じく75オーバーと思われるいつもの耳の遠いおばあちゃんがいないのです。そして、お客さんが、自分の食べ終わったものを厨房へ運んでいるのです。あれっこの店、セルフサービスだったっけと思いました。
実は、おばあちゃんが倒れられたらしく、そのことを知ってると思われるお客さんが、自主的にセルフサービスにしていたのです。
それがわかってから、待ってる時間が、なんだか居心地のいい時間におもえ、『俺は急がないから、ゆっくりやってよ、おじいちゃん』なんて、きざなことを考えながら、台本を読んでいました。
そして、やっとこさ登場したおじいちゃんが一言『お兄さん、ずっと待たしてわるいねー』
いいのいいの、逆にありがとう☆

| 未分類 | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yoshitsugu.blog110.fc2.com/tb.php/292-79677c0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。